ドラマ

【マイファミリーuri考察】真犯人は吉乃確定!決定的理由は4話のシーン!

Twitterで『マイファミリー』の考察をされている人気のuriさんが真犯人が吉乃である決定的理由についての考察をされています。

TBS日曜劇場『マイファミリー』いよいよ来週最終回を迎えます。吉乃が真犯人である決定的理由…とても気になりますよね!

今回は

・真犯人が吉乃である決定的な2つの理由

についてまとめました。

【マイファミリーuri考察】真犯人は吉乃で確定!

uriさんは『マイファミリー』第5話放送後から一貫して真犯人は吉乃一課長だと考察されています。

▶︎▶︎▶︎uriさんのプロフィールはこちら!

今回は吉乃一課長が真犯人である決定的理由を発見したので紹介します。




【マイファミリーuri考察】真犯人が吉乃である決定的理由は2つ!

真犯人が吉乃一課長である決定的理由が2つあります!しかもそれらは第4話にヒントがありました

▶︎▶︎▶︎uriさんのこれまでの考察はこちら!

理由①第4話の吉乃のカットが不自然

第4話の東堂と葛城のシーンで、不自然に吉乃が抜かれているカットがあります

その不自然なシーンがこちら↓

東堂が「俺は小春ちゃんを取り戻す為に操作を続けています」と葛城に伝えるシーン

東堂のセリフの後に…吉乃一課長のカットが入ります↓

東堂の言葉に対し「ふ〜ん」と言った表情をしています。

確かに吉乃一課長が何か重要な意味を持たない限り…ここでのカットは必要ないように思えます。




ここで真犯人の一連の行動と目的、その理由について整理していきます。

【真犯人の行動】

・三輪優月を東堂に誘拐させる
・鳴沢温人に1億円を渡すことで共犯者に仕立てる

真犯人の行動の目的は…

【真犯人の目的】

鳴沢温人や東堂に東堂心春誘拐事件と阿久津実咲誘拐事件の罪を着せる

なぜ、鳴沢温人や東堂に罪を着せるような行動に出たのか?

真犯人にとって、東堂が心春誘拐事件の捜査を続けているのが邪魔だからです。

ここで、吉乃一課長が真犯人と仮定して、先ほどの第4話のシーンを振り返ってみます。

東堂「俺は小春ちゃんを取り戻す為に操作を続けています」

吉乃(東堂はまだ捜査を諦めていないのか、阻止せねば…)

という構図が出来上がるわけです。

uriさんの考察通り、真犯人が吉乃一課長であった場合、最終回での回想シーンでとても重要なカットとして使われる可能性がありそうですね!




理由②暴露本の著者が東堂だと特定できるのは警察関係者だけ

暴露本が出版された直後、真犯人から東堂に「暴露本を読みました。あなたが私の模倣犯ですね。」と連絡がありました。そのシーンがこちら↓

暴露本を書いたのが東堂だと特定できるのは、

・真犯人
・葛城
・鳴沢夫妻
・三輪

のうち誰かです。

東堂が関与していることは警察だけが知っている情報であることから、真犯人は警察関係者ということになります!

葛城が真犯人ではない理由はまた別記事で説明していきます。

吉乃一課長が真犯人である可能性がまた濃厚になってきましたね。




まとめ

今回は真犯人が吉乃一課長である決定的な2つの理由についてまとめました。

どちらも第4話のシーンにヒントがありましたね。

いよいよ、最終話とても楽しみですが、終わってしまうのが寂しいですね。

https://bos-ton.com/myfamily-todo-sister/

https://bos-ton.com/myfamily-uri/

https://bos-ton.com/myfamily-uri-yoshino/

https://bos-ton.com/myfamily-shinhannin/